「改革」とは?意味や使い方を解説!

「改革」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「改革」について解説します。

目次

  1. 改革
  2. 改革の意味とは
  3. 改革を使った文章・例文

改革

皆さんは「改革」という言葉をご存知でしょうか。

かつて政治のスローガンに掲げられたこともあり、言葉自体を知っている人は多いでしょう。
では、正確にはどういう意味かお分かりでしょうか?

今回は「改革」という言葉について詳しく解説します。

改革の意味とは

改革とは「制度などを改め、変えること」という意味です。

法律を始めとした社会制度は、時代の変化に従って合うものと合わないものが出てきます。
この「合うもの」を残し「合わないもの」のみを現状に対応するように改めるというのが「改革」です。

似た意味の言葉に「改善」「革命」などがあります。

「改善」は読んで字のごとく、「悪いところを改め、良いものに変える」という意味です。
「改革」と同じような意味に思いますが、実際は違います。「改革」によって改められるものは、悪いものとは限らないのです。
たとえば、「社会のニーズに対応するため、非正規雇用の割合が増えるように制度を変える」というのは「改革」ですが、これは良い悪いの判断ができる変化ではありません。見方や立場によっては良い結果をもたらしたり、そうでなかったりするでしょう。
つまり、これは「改革」ではあるけれど、「改善」だとは言い切れないのです。

「革命」は、現在の制度すべてを一新してしまうことを言います。
有名なケースはフランス革命でしょう。王権を打倒し共和制による新たな政治機構を生み出した、歴史的大事件です。
それに対して「改革」は、現状の制度の大部分は変化させず、必要な部分だけを改めることを言います。

改革を使った文章・例文

  1. 弊社は業績の向上を目指すべく、大幅な制度改革を行いました。
  2. 保守派と改革派の対立は激化し、通常の執務もままならなくなった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ