「ソーシャル就活」とは?意味や使い方を解説!

「ソーシャル就活」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ソーシャル就活」について解説します。

目次

  1. ソーシャル就活
  2. ソーシャル就活の意味とは
  3. ソーシャル就活を使った文章・例文

ソーシャル就活

皆さんは「ソーシャル就活」という言葉をご存知でしょうか。

「ソーシャルリクルーティング」ともいいますが、最近生まれた新しい就職活動の形です。

就職活動といえば、かつては求人ポータルに登録して求人を探したり、合同企業説明会に赴いたり、出身校のOBやOGから情報を得てインターンシップに参加したりといった方法が一般的でした。

では、ソーシャル就活とはどのような就職活動なのでしょうか。
 

ソーシャル就活の意味とは

ソーシャル就活とは「FacebookやTwitterなどのSNSを利用した就職活動」です。
「ソーシャルリクルーティング」ともいいます。

しかしSNSが発達した現在は、就活生も企業もSNSのアカウントで情報を発信しています。
就活生は企業のアカウントをフォローすることで、効率よく最新情報に触れることができます。
企業の方も就活生のアカウントから志望動機や人となりを推測して、採用の手がかりとすることもあります。
企業と就活生との距離が近くなり、お互いに知りたい情報に手軽に触れられるというところから、ソーシャル就活の人気は上昇してきています。

しかし、自分のアカウントを企業に見られるということは、就活生にとってリスクもあります。
フォロワーとの人間関係が良くなかったり、素行や礼儀がなっていなかったりしている就活生のアカウントは、それだけでもう「お断り」となりかねません。
ソーシャル就活で成功するためには、普段から礼節を持った情報発信を心掛ける必要があるのです。

>

ソーシャル就活を使った文章・例文

  1. ソーシャル就活で最も嫌われるのは、炎上するような過激なアカウントである。
  2. 企業の情報を手軽に集めることができるのが、ソーシャル就活の強みだ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ