「格差社会」とは?意味や使い方を解説!

「格差社会」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「格差社会」について解説します。

目次

  1. 格差社会
  2. 格差社会の意味とは
  3. 格差社会を使った文章・例文

格差社会

格差社会」という言葉について解説します。

テレビニュースや新聞などの報道でたびたび見聞きするこの「格差社会」という言葉。

この言葉については多くの人が報道の中身や文脈、語感からなんとなく「格差がある社会」ってことでしょ?くらいのイメージで理解していると思います。

気になってきちんと調べたという方もいらっしゃるとは思いますが、ここではそんな雰囲気で理解している「格差社会」という言葉について、意味をきちんと整理していきます。

意味を把握しておくことで、この言葉が出てくる話題をより深く知ることができると思いますので、ぜひ最後までご覧になってみてください。

格差社会の意味とは

>

格差社会とは一言でまとめると「収入や財産などにより、社会の構成員に階層化が生まれ、階層が分断された社会」という意味の言葉となっています。

日本で主に言われる格差社会とは、経済的要素、所得の格差を指して使われることがほとんどとなっており、富裕層と貧困層の両極化などの問題を含んだ言葉と言えます。

格差社会には社会の構成員(働いている人・国民)に経済的な階層が出来て、その階層から移動することが難しいという状況も含んだ言葉です。

身近な例でいうと「所得が増えない」というのも格差社会の一つの問題点として挙げられます。

単純に階層の格差だけでなく、そこに固定されてしまう。という意味も含んでいるので併せて覚えておくとよいでしょう。

格差社会を使った文章・例文

  • 格差社会という言葉が使われ始めたのはバブルが崩壊し、総中流化が崩れた時からと言われている。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ