「つまらないものですが」とは?意味や使い方を解説!

「つまらないものですが」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「つまらないものですが」について解説します。

目次

  1. つまらないものですが
  2. つまらないものですがの意味とは
  3. つまらないものですがの使い方・例文

つまらないものですが

つまらないものですが」という言葉について解説します。

贈り物を送る場面で「つまらないものですが…」という言葉を言いながら差し出す光景は誰しも一度見たことがあると思いますし、実際にそう言って贈り物をしたことがあるという方も多いと思います。

贈り物をする際の常套句といった感じもあるこの言葉ですが、最近では好んで使われることが少なくなってきており、ともすると失礼に感じられてしまうなんていうこともあるようです。

ということで、ここではそんな「つまらないものですが」という言葉の意味、使い方、返事の仕方をはじめ、失礼と感じさせない言い換えなどを紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき、きちんと整理・把握してみてください。

つまらないものですがの意味とは

>

つまらないものですが とは「贈り物をする際に謙遜する言い方」であり「あなたのような立派な方を前にするとつまらないものに見えてしまいますが」という意味を込めた言葉となっています。

逆に「つまらないものですが…」と贈り物をされた場合の返事としては「お心遣いありがとうございます」「ご丁寧にありがとうございます」と返すのが一般的なマナーとなっているようです。

ちなみに、このつまらないものですがという言い回しはとても古くからある言い回しで、日本特有の相手を立てて自分をさげる言い方ですが、現代になって欧米的な考え方も入ってくる中で文字通り「つまらないもの」と受け取ってしまうことも起きてきているようです。

こうなると、言われた側の人が失礼と感じることもあるようなので、言い換えとして「ささやかではございますが」「心ばかりですが」などを用いたほうがつまずくことなくスムーズに運ぶかもしれません。

つまらないものですがの使い方・例文

  • つまらないものですがどうぞお受け取りください。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ