「未練」とは?意味や使い方を解説!

「未練」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「未練」について解説します。

目次

  1. 未練
  2. 未練の意味とは
  3. 未練の使い方・例文

未練

未練」という言葉の意味や使い方について解説します。

読み方は「みれん」となります。

この「未練」という言葉は「元カレに未練が残っている」や「未練が残る別れ方をしてしまった」「未練を断ち切る」といった使い方をします。

2つの意味があるため、使い分けには気を付けたいところです。

また、未練と似た言葉に「後悔」があります。

今回は、後悔の意味も合わせて解説するので、この機会に「未練」について詳しく知っていきましょう。

未練の意味とは

未練(みれん)という言葉には2つの意味があります。

まず、1つ目は「執心が残っていて思い切ることができないこと。思い切が悪いこと。諦めきれないこと。また、その様子。」という意味になります。

使い方としては「元カレとは未練が残る別れ方だった。」「残っていた未練を断ち切る。」といった表現が一般的です。

そして、2つ目は「まだ熟練していないこと。未熟であること。また、その様子。」という意味になります。

また、未練と似た言葉に「後悔」があります。

後悔とは「自分がしてしまったことに対し、あとになってから失敗であったと悔やむこと。」という意味を持つ言葉です。

未練が残ると同じように「後悔が残る」といった使い方をしますが、意味は異なるため注意が必要です。

>

未練の使い方・例文

  1. 3年前に別れた彼女に対し、まだ未練が残っている
  2. 未練が残るような別れ方はお互いにとって良くない。
  3. 元カレに残る未練を断ち切るためにお見合いパーティーに申し込んだ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ