「畜生」とは?意味や使い方を解説

「畜生」という言葉を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?最近ではネットの掲示板でも「畜生」「ちきしょう」「ちくしょう」などと使われます。この記事では「畜生」の意味や使い方などを解説していきます。

目次

  1. 畜生
  2. 畜生の意味とは
  3. 畜生の使い方・例文

畜生

畜生」という言葉を知っていますか?

この言葉、知らない人は少ないのではないでしょうか。

悔しいときや、失敗してしまったときなどに「ちくしょう!」とか「ちきしょう!」とか言ったりするのをよく耳にしますよね。

最近では2chなどでもよく見かけます。

でもこの言葉のしっかりした意味を知っている人は少ないのではないでしょうか?
まだ知らないという人はここで覚えていきましょう。

畜生の意味とは

「畜生(ちくしょう)」の意味は大きく分けて3つあります。

1,「鳥や獣、虫魚などの総称。人間以外の動物のこと。
2,「畜生道」の略語。
※「畜生道」とは仏教の六道の一つです。仏教では、悪行の報いとして死後に生まれ変わる畜生の世界を意味するものとされています。
また、道徳上許すことのできない肉親間の色情のことを意味します。
3.「失望や怒りなどの感情を表す言葉。

畜生の英語

「畜生」は英語での言い方を紹介します。

1.〈けだもの の意〉
a dumb animal 
a beast
a brute

2.〈罵り〉
Damn it! 
Hang it(all)!
Blas( it 〔you〕)!

畜生の使い方・例文

「畜生」の一般的な使い方としては大きく2つにわけられます。

1.【人を罵る使い方】
他の人が人間のすることとは思えない行動をしたときに、その相手に向けて「お前は人間じゃない」という意味を込めて「畜生」を使います。
2chなどではこちらの意味の方が多く使われているようです。

使用例.「お前は人間じゃない。畜生め」

2.【自分の感情を表す使い方】
何か悔しいことや腹立たしいこと、面白くないことがあったときなどに使います。
「ちきしょう」や「ちくしょうめー!」などと言ったりもします。

類義語には「クソ!」や「くそったれ!」などが挙げられます。

使用例.「なんであそこでヒットを打てなかったんだ、ちきしょう!」
 

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ