「もがく」とは?意味や使い方を解説します!

「もがく」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「もがく」について解説します。

目次

  1. もがく
  2. もがく(踠く)の意味とは
  3. もがくの使い方・例文

もがく

もがく」という言葉について解説します。

相手から逃れようともがく。といった使い方をするこの言葉ですが、この言葉の意味するところは皆さんもなんとなくイメージできると思います。

しかし、もがくの意味は?と聞かれるとはっきりと答えるのは難しいかもしれません。

ということで、ここでは「もがく」の意味や使い方はもちろんのこと、「あがく」との違いなどにも触れながら紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき「もがく」という言葉について整理・理解してみてください。

 

もがく(踠く)の意味とは

もがく(踠く)とは「もだえ苦しんで手足をやたらに動かす。あがく」「事態をなんとかしようとあせる。いらだつ」という意味の言葉となっています。

よくある使い方として、
「結果を出そうと色々もがいているんだけどね」と言った場合は「結果を出そうと苦しみつつ色々試して動いているんだけど」という意味に。

「あいつはあいつでもがいてるんだよ」と言った場合は「あいつはあいつで何とかしようと焦っているんだよ」という意味になることが分かると思います。

>

もがく(踠く)とあがく(足掻く)の違い

もがくの意味で「もだえ苦しんで手足をやたらに動かす。あがく」とあるように、ほぼ同じ意味で使われることがある非常に近い言葉が「あがく」です。

この二つの言葉でよくある疑問がその違いですが、悪足掻き(しても無駄なのにあせってあれこれやる)という言葉があるように、「あがく」の方が「もがく」よりも無駄な行動、努力になる時に使われます。

おおまかにいうと、もがく分にはまだ希望があるが、足掻くのは希望が少ないという違いがあります。

もがくの使い方・例文

  • 彼の成功は、若い頃もがき苦しみながらした努力によるものだ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ