「リテラシー」とは?意味や使い方を解説!

「リテラシー」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「リテラシー」について解説します。

目次

  1. リテラシー
  2. リテラシーの意味とは
  3. リテラシーを使った文章・例文

リテラシー

皆さんは「リテラシー(literacy)」という言葉をご存知でしょうか。

読み書きは人間にとって基本の能力であり、全くできない人はほとんどいないでしょう。
しかし情報をただ単純に知識として持っているだけではだめで、必要に応じて取捨選択し活用できなければなりません。
その能力を表した言葉が「リテラシー」です。
 

リテラシーの意味とは

リテラシーとは「読み書きの能力。文字や文章を読み、内容を理解したり文章を書いたりして活用することができること」という意味です。
英語では「literacy」と綴ります。

大量の情報の中からから必要なものだけを選んで扱う能力のことを「情報リテラシー」といいます。
また、情報収集や分析などを電子機器で行う能力を「コンピューターリテラシー」、テレビや新聞などのあらゆる情報媒体から主体的に情報を取捨選択する能力を「メディアリテラシー」といいます。

「情報リテラシー」と「メディアリテラシー」はほぼ同義ともいえます。
あらゆる媒体で多種多様な情報が溢れる現代社会において、特定の価値観や思想などに惑わされず、自分の意志で必要な情報を選び活用する能力は非常に重要です。

どのメディアもそれぞれの立場や思惑があり、発信する情報には独自のフィルターがかかっていることがしばしばあります。
そういう一面的な情報をうのみにせず、複数の立場から発信された情報を比較し知識を得て考察することが大切であり、それができる能力が情報リテラシーなのです。

>

リテラシーを使った文章・例文

  1. 広報というのはリテラシーが問われる仕事だ。
  2. 情報リテラシーの欠如は、深刻な炎上を招くことがある。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ