「インターセプト」とは?意味や使い方を解説!

サッカーにおいて「インターセプト」という言葉を聞くことが多くなったと思います。解説や実況の人が口にする「インターセプト」という言葉について解説していきます。

目次

  1. インターセプト
  2. インターセプトとは
  3. インターセプトの使い方・例文

インターセプト

サッカーやバスケの試合中継を見ていると解説の人などが「インターセプト」という言葉を耳にするかと思います。

スポーツに詳しい方はインターセプトについて理解していると思います。しかし、「インターセプト」という言葉はスポーツに詳しくない人にはピンとこない言葉かと思います。

この記事では、そんな「インターセプト」について解説していきます。

インターセプトとは

インターセプトとは「途中で捕まえる」「横取りをする」という意味を表します。

主に、サッカー・バスケ・ラグビー・アメフトなどの球技で使われる言葉です。

英語で「intercept」と表し、意味は、「インターセプト」と同じ意味を持ちます。

球技で使われるインターセプト

球技で使われるインターセプトは「ボールを途中で奪うこと」を表します。

相手のパスを途中で奪う場面で「インターセプト」と使われ、「パスカット」とも呼ばれます。

相手がボールをキープしている状態やドリブル中に奪うことを「カット」や「スティール」と言います。

使い分けとして、ボールが相手から離れている状態でのカットを「インターセプト」ということが多く、相手がボールを持っている状態でのカットを「カット」や「スティール」と呼ぶことが多いです。

どの球技でもインターセプトをすることで、攻守交代になるので形勢逆転に繋がる大事なプレーになります。

インターセプトの使い方・例文

  1. 後半40分のインターセプトからのカウンターが決勝点に繋がった。
  2. インターセプトはその後のプレーがとても重要である。

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ