「ワンコール」とは?意味や使い方を解説します!

「ワンコール」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ワンコール」について解説します。

目次

  1. ワンコール
  2. ワンコールの意味とは
  3. ワンコールの使い方・例文

ワンコール

ワンコール」という言葉の意味や使い方について解説します。

この「ワンコール」という言葉は、携帯電話やスマートフォンで相手に電話をかける際に使用されます。

よく「ワンコールで電話が切れる。」や「ワンコール鳴らす。」といった使い方をします。

また、ワンコールが派生した言葉に「ワン切り」があります。

一時期流行した架空請求詐欺の通称です。

今回は、そんな「ワンコール」について詳しく解説します。

この機会にしっかりと理解していきましょう。

ワンコールの意味とは

ワンコールとは「携帯電話やスマートフォンで相手に電話をかけ、呼び出し音を1~2回内の回数で鳴らし、相手が通話ボタンを押す前に切る行為。」という意味を持つ言葉です。

または、携帯電話やスマートフォンなどで相手を呼び出す回数や着信音をあらかじめ決めておき、1~2回コールし、相手が出る前に切る行為を意味する言葉です。

このように、相手とのコミュニケーション手段として使用される場合もあります。

また、電話による詐欺行為の一種に「ワン切り」がありますが、これは「ワンコール切り」を略した言葉です。

ワン切りとは、相手に1度だけ電話でコールし、折り返し電話をさせ、高額請求するというような手口の犯罪です。

知らない電話番号から電話がかかってきて、ワンコールで切れるようなことがある場合には、ワン切りを疑ったほうが良いかもしれません。

>

ワンコールの使い方・例文

  1. 携帯電話がワンコールで切れたので詐欺かと思ったら、知人からだった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ