「マスタードサンクス」とは?意味や使い方を解説します!

「マスタードサンクス」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「マスタードサンクス」について解説します。

目次

  1. マスタードサンクス
  2. マスタードサンクスの意味とは
  3. マスタードサンクスの使い方・例文

マスタードサンクス

マスタードサンクス」という言葉の意味や使い方について解説します。

この言葉は、耳馴染みのない方が多いかと思います。

この機会に深く理解していきましょう。

マスタードサンクスの意味とは

マスタードサンクスとは「レストランなどで、注文した料理を食べ終わった際に、空いた皿にマスタードで「おいしかった」「ありがとう」などと、お礼のメッセージを書く行為。」という意味を持つ言葉です。

日本の飲食店の多くは、客が注文した料理を食べ終わった際に、店員が皿を片付けます。

そのタイミングで、店員や料理人に対し感謝の意を示すために、皿にマスタードでお礼のメッセージを書きます。

ただ、この行為は食べ物で遊んではいけないという日本の文化的にそぐわない面があったり、マナーとして本当に正しいのか疑問視する声も上がっています。

発祥は、インターネット上の掲示板にマスタードサンクスの画像が投稿されたことからとされています。

また、似たような行為に「伏せ丼」があります。

これは、ラーメン店で注文したラーメンを食べ終わったあと、空になった丼を伏せて置く行為です。

丼を伏せても汁が垂れないほど食べきったという意味のようですが、こちらもマナーとして本当に正しいのか疑問視されています。

この行為は、おぼんやテーブルを汚すため店側にとっては迷惑です。

このように、マスタードサンクスも伏せ丼も店側に対する配慮が欠けている行為であると言えます。

実際には、このようなマナーは存在しないため、誰かが広めたデマや嘘のマナーとされています。

インターネット上で拡散されたことがきっかけで、デマや嘘の行為が本当であるかのように人々に伝わり実際にやってしまう人が一時期増えました。


 

>

マスタードサンクスの使い方・例文

  1. マスタードサンクスは、マスタードを無駄にするばかりか皿を汚す行為であるため、しない方が良い。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ