「開いた口が塞がらない」とは?意味や使い方を解説!

「開いた口が塞がらない」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「開いた口が塞がらない」について解説します。

目次

  1. 開いた口が塞がらない
  2. 開いた口が塞がらないの意味とは
  3. 開いた口が塞がらないを使った文章・例文

開いた口が塞がらない

開いた口が塞がらない」という言葉について解説します。

この言葉は、みなさんも日常で度々見聞きするのではないでしょうか。

「自分勝手過ぎて開いた口が塞がらなかったわ」といった感じで使われていて、意味はなんとなく分かっているとは思いますが、ここで一度ちゃんとした意味を押さえておいてみてはいかがでしょうか。

ここでは、そんな「開いた口が塞がらない」という言葉について、意味や使い方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき、間違った使い方をしないようにきちんと把握してみてください。

開いた口が塞がらないの意味とは

>

開いた口が塞がらないとは「唖然とするさま」「あっけにとられるさま」「呆れ果て、呆然とするさま」といった意味の言葉となっています。

イメージ的に、悪いことが起きた時に使われることが多いと思っている方もいらっしゃるとは思いますが、厳密に言うと良い意味でも使える言葉です。

意味に「唖然」「あっけにとられる」「呆れる」とありますが、これはどれも「意外過ぎて驚く」といった意味の言葉です。なので、想像以上に良かったことにも使える言葉となります。

良い意味、悪い意味どちらに取ることも可能な言葉なので、使う際にはちゃんと自分の意図が伝わるかどうかに気を払うようにすると良いでしょう。

開いた口が塞がらないを使った文章・例文

  • あまりにも呆れると、ぽかんと口を開けた状態のまま一言も発せなくなることから、開いた口が塞がらないという言い回しが定着したと言われている。
  • 小学生とは思えないあまりの上手さに開いた口が塞がらない。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ