「コワーキングスペース」とは?意味や使い方を解説します!

「コワーキングスペース」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「コワーキングスペース」について解説します。

目次

  1. コワーキングスペース
  2. コワーキングスペースの意味とは
  3. コワーキングスペースの使い方・例文

コワーキングスペース

コワーキングスペース」という言葉について解説します。

日本では新しいカタカナ語が日々増えては消えていきますが、「コワーキングスペース」という言葉は徐々に定着しつつあるカタカナ語と言えるかもしれません。

初耳だという方もいらっしゃるかと思いますが、ワークライフバランスや働き方が見直されている今、聞いたことがあるという方も増えているのではないでしょうか。

これからの社会では、当たり前に使われるようになりそうなこのコワーキングスペースという言葉について、ここで一度整理してみましょう。

意味や使い方などを紹介していきますので、ぜひ最後までご覧いただき、きちんと把握してみてください。

コワーキングスペースの意味とは

コワーキングスペースとは「独立して働く個人が、机や椅子、ネットワーク設備などの実務環境を共有しながら仕事を行う場所」という意味の言葉となっています。

コワーキングは、英語では「Coworking」で、Coworkingの「Co」は「共同」という意味を持っています。なので、コワーキングスペースで「共同で仕事をする場所」という意味になります。

似た物でレンタルオフィスをイメージする方もいらっしゃるかもしれませんが、コワーキングスペースは「利用者同士の積極的な交流、共働、コミュニティ形成」を促すという点で、レンタルオフィスとは性格が異なっています。

コワーキングスペースという言葉は、働き方が見直される風潮がある現代で、これから使われる頻度が増えてくることが予想されます。

 

>

コワーキングスペースの使い方・例文

  • コワーキングスペースの利用者同士の交流から、新たなビジネスが立ち上がることもあると言われている。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ