「ヒアリング」とは?意味や使い方を解説!

「ヒアリング」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ヒアリング」について解説します。

目次

  1. ヒアリング
  2. ヒアリングの意味とは
  3. ヒアリングを使った文章・例文

ヒアリング

ヒアリング」という言葉の意味や使い方について解説します。

この「ヒアリング」という言葉には、聞くや公聴会、情報収集といった意味がありますが、皆さんはご存じでしょうか。

この機会に、ヒアリングについて深く理解していきましょう。

ヒアリングの意味とは

ヒアリングという言葉の意味は大きく分けて3つあります。

まず、1つ目は「聞くこと。公聴会。聴聞会。」という意味になります。

使い方としては「わからない点をヒアリングする。」といった表現が一般的です。

次に2つ目は「特定の事案に対し、利害関係がある人や一般の意見を聴取すること。」という意味になります。

使い方としては「今回起きたパワハラについて社員全員からヒアリングする。」といった表現が一般的です。

この意味におけるヒアリングは、事件事故などの問題が起きた際などに、警察や調査機関が開く場合もあります。

最後に3つ目は「リスニングテスト・コンプリヘンションや聞き取り能力の旧称。」という意味になります。

実用英語技能検定では、1993年まで聴解力のテストのことを「ヒアリング」と言っていましたが、1994年から「リスニング」に変更されました。

また、ビジネスシーンにおいて「ヒアリング」という言葉を使用する場合には「情報収集」という意味でも使用するので合わせて覚えておきましょう。

「クライアントの意見をヒアリングする」といった使い方をします。

 

>

ヒアリングを使った文章・例文

  1. 今回、採用予定の何名かの不安点について、上層部でヒアリングを行う。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ