「慰謝料」とは?意味や使い方を解説します!

「慰謝料」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「慰謝料」について解説します。

目次

  1. 慰謝料
  2. 慰謝料の意味とは
  3. 慰謝料の使い方・例文

慰謝料

皆さんは「慰謝料」という言葉をご存知でしょうか。

「いしゃりょう」という読み方も、意味も、広く知られていると思われます。
実際に関わったことがなくても知っているという人は多そうですね。

今回は、そんな「慰謝料」について詳しく解説します。

慰謝料の意味とは

>

慰謝料とは「加害者が被害者に対して支払う、精神的被害に対する損害賠償」という意味です。
読み方は「いしゃりょう」です。

たとえば交通事故を起こした場合、壊した物の弁償金や怪我の治療費などを払うことになります。
これらは物理的損害に対して支払うものであり、「慰謝料」ではありません。

物理的な損害はなくとも、精神にダメージを与えたことに対する賠償が「慰謝料」です。
代表的なものとしては、浮気や不倫が明るみに出た際に発生するものです。
特に配偶者の片方による不倫が原因で離婚になった場合は、不倫をした方が有責者となり、された方に対して慰謝料を払うことになります。

「慰謝料」は法的根拠がなくても請求することはできますが、弁護士の仲介を挟むのが一般的です。弁護士を間に挟むことで、法的根拠に基づいた冷静な手続きが可能になるからです。
また、公的な記録に残してもらうことで、後々発生し得るトラブルへの対策とすることができます。

浮気や不倫による離婚をはじめとした慰謝料が発生するトラブルは、感情的に話がこじれることが多々あります。
誰もが従うべき基準として法を根拠とし、そのために弁護士の仲介を頼むことは必須と言えるでしょう。

慰謝料の使い方・例文

  1. 職場での度重なる嫌がらせに対し、慰謝料を請求することにした。
  2. 友人が交通事故に遭ったが、犯人に慰謝料まで請求すると言い出した。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ