「深層心理」とは?意味や使い方を解説!

「深層心理」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「深層心理」について解説します。

目次

  1. 深層心理
  2. 深層心理の意味とは
  3. 深層心理を使った文章・例文

深層心理

深層心理」という言葉の意味や使い方について解説します。

この「深層心理」という言葉は、日常会話でも使用される場面があります。

よく「深層心理では苦手な意識を持っている。」といった使い方をします。

心の奥深くで働く自分自身でも気づいていない心の働きといった意味を持っています。

また、深層心理学という心理学の分野もあります。

今回は、そんな少し難しい言葉の「深層心理」 について詳しく解説します。

この機会に深く知っていきましょう。

深層心理の意味とは

深層心理という四文字熟語の意味について解説します。

深層心理とは「人の心の奥深くではたらく、自分自身でも気づいていない心のはたらき。普段の生活では意識されていない無意識下における心理状態。」という意味になります。

使い方としては「深層心理では苦手意識を持っている。」といった表現が一般的です。

また、この深層心理という言葉の中にある「深層」とは、深く隠れた部分を指しています。

義語は「表層」となるので、合わせて覚えておくとよいでしょう。

どにらも「深層的」や「表層的」といった使い方をする場合が多くあります。

さらに「深層心理学」とは「無意識に想定される心理的過程や構造により、人間の行動や経験にある意味を解釈して、解明しようとする心理学や臨床心理学のさまざまな理論の総称。」という意味になります。

>

深層心理を使った文章・例文

  1. 彼は、上司に対して深層心理的に苦手意識を持ってしまっている。
  2. 人間は深層心理で、自分でも気付かなかったような感情が働いている。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ