「場違い」の意味とは?意味や使い方を解説!

「場違い」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「場違い」について解説します。

目次

  1. 場違い
  2. 場違いの意味とは
  3. 場違いを使った文章・例

場違い

皆さんは「場違い」という言葉をご存知でしょうか。

どんな場所にも、そこにいる人たちに求められる服装や振る舞いが存在します。
そこにふさわしくない人がいたら、その人のことを「場違い」というのです。

今回は「場違い」という言葉について、意味や類語を詳しく解説します。

場違いの意味とは

場違いとは「その場にふさわしくないこと。場所が違うこと。」「本場の産ではないこと。」という意味です。

一つ目の意味では、人だけではなく物や態度など、さまざまな対象に用いることができる言葉です。

この言葉が用いられる状況としては、本人がその場の雰囲気に居心地の悪さを感じて「場違い」に思うケースと、周囲の人が「場違い」な人や物を見て居心地の悪さを感じるケースの二通りがあります。


二つ目の意味ではあまり使われませんが、たとえば生鮮食品売り場に原産地を特集したコーナーがあったとして、その中に全く違う産地の商品が混じっていれば「場違い」といいます。

類語に「筋違い」があります。
読み方は「すじちがい」で、意味は「道理に外れた言動をするさま」「見当違い」などです。
この場合の「筋(すじ)」とは「物事の道理。みちすじ。」という意味です。
また、「筋違い」の「筋」を「筋肉」や「筋線維」の意味と捉えた場合、「不自然な動作などをして、関節などの筋肉を傷めること」という意味にもなります。

>

場違いを使った文章・例

  1. 厳粛な式典に出席するには、この服装はいかにも場違いだった。
  2. 思わず言ってしまった一言は場違いな物言いだったらしく、周囲が凍り付いたのが分かった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ