「任侠」とは?意味や使い方を解説!

「任侠」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「任侠」について解説します。

目次

  1. 任侠
  2. 任侠の意味とは
  3. 任侠を使った文章・例文

任侠

皆さんは「任侠」という言葉をご存知でしょうか。

やくざや暴力団の一種というイメージを持っている方は少なくないでしょう。
「任侠」を題材にした映画なども多いです。
しかし「任侠」とは何なのか、詳しく説明できる方はどのくらいいるでしょうか?

任侠の意味とは

>

任侠とは、本来は「仁義を重んじ、困っていたり苦しんでいたりする人たちを体を張って助ける自己犠牲の精神や人の性質。男気。」という意味です。
読み方は「にんきょう」です。

仁義を通すため法外な手段に出ることもあり、必要悪とみなされることもしばしばあります。
特に法が整備されておらず弱者を守る力を持たない時代は、武力や暴力を以って弱いものを守り助ける任侠の存在が重要視されていました。
現代日本では社会福祉の精神のもとで法の整備が進み、弁護士などの専門家によって非暴力的な問題解決がなされるようになったことで、任侠の必要性は薄れています。

こうした社会情勢の変化も手伝って、組織化されて勢力を拡大した任侠はやくざと同一視されることもありますが、その信念は別物です。
しかし当初は任侠的な自己犠牲精神のもとで始まった集団であっても、構成員や上位者の代替わりによってその信念が薄れていくことも少なくありません。
高潔な意思を守っていくことは困難を伴いますが、その男気を守れなければ、任侠を名乗ることはできなくなるのです。

任侠を使った文章・例文

  1. やくざは嫌いだが、任侠映画を見るのは好きだ。
  2. 暴力に訴えることはしないが、任侠の心は持っていようと思う。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ