「相違」とは?意味や例文を解説!

「相違」という言葉の意味や例文について解説していきます。あわせて相違という言葉は英語で何というのか、対義語なども紹介します。

目次

  1. 相違
  2. 相違とは
  3. 相違の使い方・例文

相違

「相違がない」「意見の相違」など、「相違」という言葉がよく使われています。日常的に使われる言葉ですが、難しい言い回しのようにも感じてしまいますよね。

今回はこの「相違」の意味、対義語や英語では何と言うのかを解説していきます。

相違とは

「相違」とは「二つの間に違いがあること」を意味します。読み方は「そうい」です。
相は「互いに」、違は「違う」ですので、二つのものが違うということになります。
「相異」という言葉もありますが、こちらは相違と同じものと考えて問題ありません。
ですが、「そういございません」など表記する際は相異ではなく相違が一般的です。

より詳しく見ると、相違は二つを比較した際に違いがあることとされています。
たとえば「友達との意見の相違」という使われ方の場合、私の意見と友達の意見の二つを比較して違いがあることになります。

相違のと似た意味の言葉に「齟齬(そご)」があります。
齟齬=「意見がかみ合っていない、話がずれている状態」ですので、場面によって使い分けが必要です。
また、「差異(さい)」という言葉も似ています。
差異=「一見同じように見えるものが異なっていた」というようなニュアンスで使われているので、相違とはやや意味が異なります。

相違の英語

相違は英語で「difference」、形式ばった言い方では「disparity」となります。これらは「違い」「不釣合い」といった意味です。
「gap」という言い方もできますが、こちらは「食い違い」を表すので、齟齬の意味に近いかもしれません。

相違の対義語

相違の対義語は以下のとおりです

  • 類似
  • 一致

相違の使い方・例文

  1. 上記のとおり相違がないことを証明します。
  2. 彼との意見の相違によってけんかをしてしまった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ