「稀代」とは?意味や使い方を解説します!

「稀代」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「稀代」について解説します。

目次

  1. 稀代
  2. 稀代の意味とは
  3. 稀代の使い方・例文

稀代

「稀代」という言葉の意味や使い方について解説します。

この「稀代」という言葉には、2つの読み方があります。

「きだい」と「きたい」です。

また、漢字表記も「稀代」と「希代」の2種類があります。

さらに、意味も2つあるため、使い分けには気をつけたいところです。

今回は、そんな読み方や意味が複数ある「稀代」について詳しく解説します。

この機会にしっかりと理解していきましょう。

稀代の意味とは

>

「稀代の」という言葉の意味や使い方について解説します。

この「稀代の」という言葉には、大きく分けて2つの意味があります。

まず、1つ目の意味は「世に稀なこと。めったにないこと。そのようす。」となります。

使い方としては「稀代の英雄と讃えられた男。」や「詐欺行為を繰り返した彼は、稀代の悪人だ。」といった表現があります。

次に、2つ目の意味は「不思議なようす。奇怪なこと。」となります。

使い方としては「真夜中の教室では稀代な現象が起きる。」「自分と似た顔の人間に偶然会うなんて稀代なこともあるものだ。」といった表現があります。

また、この「稀代」という言葉は、漢字表記が2種類あります。

「稀代」と「希代」です。

さらに、読み方も2種類あります。

「きだい」と「きたい」です。

稀代の使い方・例文

  1. 学生時代から麻薬の常習犯で、盗みや傷害事件を繰り返し起こした彼は、周りから稀代の悪人と言われている。
  2. 真夜中に学校の理科室に忍び込むと、誰も触っていないフラスコが動くという稀代な現象が起きた。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ