「アサーティブ」の意味とは?意味や使い方を解説!

「アサーティブ」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「アサーティブ」について解説します。

目次

  1. アサーティブ
  2. アサーティブの意味とは
  3. アサーティブを使った文章・例文

アサーティブ

皆さんは「アサーティブ」という言葉をご存知でしょうか。

自分も他人も尊重して自己主張をするという、社会で生きていくために重要な考え方です。
正しく身に着ければ、メリットがたくさんあるんですよ。

今回は「アサーティブ」という言葉について詳しく解説します。

アサーティブの意味とは

アサーティブとは「自他を尊重した自己表現、自己主張」という意味です。
英語では「assertive」と綴ります。

単なる「自己主張」ではなく、自分のことも他人のことも尊重した誠実で対等なコミュニケーションのことを指します。
自分の意見だけを押し通したり、攻撃的になったりするのは「アサーティブ」ではありません。
同様に、相手に委縮したり過剰に気を遣ったりして意見を主張できなくなるような状態も「アサーティブ」とはいえません。

アサーティブな態度を心掛けたコミュニケーションは現代社会で生きていく上で大変重要であり、円滑なコミュニケーション、仕事の効率化、ストレスの軽減などのさまざまなメリットがあります。

このような効果を求めてアサーティブ・トレーニングを行う人も増えており、講習会も開かれています。
アサーティブを身に着けるにあたって重要なのは「対等」「率直」「誠実」「自己責任」の四つの要素です。
アサーティブを意識した主張は多くの人から受け入れられやすくなり、大変有益なのです。

>

アサーティブを使った文章・例文

  1. 私が人前で話す時は、常にアサーティブな態度を心掛けている。
  2. 以前は大勢の人の前でなかなか意見が言えなかったが、アサーティブという概念を知って気持ちが前向きになった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ