「人情」とは?意味や使い方を解説します!

「人情」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「人情」について解説します。

目次

  1. 人情
  2. 人情の意味とは
  3. 人情の使い方・例文

人情

皆さんは「人情」という言葉をご存知でしょうか。

「にんじょう」という読み方も、意味もなんとなく知っているという方が多いのではないでしょうか。
昭和の頃につくられた古い映画でよく出てくる言葉なので、ファンの方にとっては馴染みのある言葉だと思われます。

今回は「人情」という言葉について詳しく解説します。

人情の意味とは

>

人情とは「人間の自然な心の動き。あるがままの情感。」「人間としての情け。他人へ向ける思いやり。」という意味です。
読み方は「にんじょう」です。

「人情」の対義語は「人間関係や社会の中で守るべき道理」という意味の言葉である「義理」です。
二つの言葉を組み合わせた四字熟語が「義理人情」であり、「義理」と「人情」の両方が融和して成り立つ日本社会の独特な形を表す言葉です。

「義理人情を大切にする」「義理人情に厚い」という言葉は、道理も情けも理解し、人の情緒に寄り添った優しさを持った性質を言い表した言葉です。
同じように、人としての温かみにあふれた性質のことを「人情味」といいます。
「人情味」のある人という評価は、親しみを覚える性格の持ち主という褒め言葉として使われます。
他の言い方として「人情に厚い」、そのような性格の持ち主だという意味の言葉に「人情家」などがあります。

人情の使い方・例文

  1. 叔父は人情に厚い人であり、人助けとなることを積極的に行っているが、それ故に損をすることも少なくない。
  2. 友人の紹介で知り合った人と話してみたところ、人情味のある人だなという印象を覚えた。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ