「癇癪」とは?意味や使い方を解説します!

「癇癪」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「癇癪」について解説します。

目次

  1. 癇癪
  2. 癇癪(かんしゃく)の意味とは
  3. 癇癪の使い方・例文

癇癪

癇癪」という言葉について解説します。

「癇癪を起こす」「癇癪持ちの人」といった感じで使われるこの言葉。

皆さんは見聞きしたことがあるでしょうか。

まずこの言葉の読み方はどうでしょうか。一度知ってしまえばこの異様に画数の多い感じの並びから忘れることはないと思います。

ですが、知らない方にとっては何がなんだか分からない字面と、読み方の手がかりすらない漢字の連続でお手上げ状態かもしれません。

ここではそんな癇癪という言葉の読み方、意味、使い方などを詳しく紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

癇癪(かんしゃく)の意味とは

>

癇癪(読み方・かんしゃく)とは「ちょっとしたことにも怒りを抑えきれずに、激しく怒りだすこと。そういう性質やその怒り」という意味の言葉となっています。

意味を知ると、煽り運転した挙句に殴りかかってくる人が思い浮かぶ感じもしますが、癇癪はもともとそういう性質の人は別としても、疲れていたり、ストレスにさらされていたりと状況次第では誰もがそういった怒りが湧くと思います。

癇癪持ちと言った場合は「ちょっとしたことで怒る傾向がある人」、癇癪を起すと言った場合は「なんてことないことで激しく怒る」という意味になります。

デリケートな意味の言葉なので、安易に使わない方が良い言葉であると言えそうです。

癇癪の使い方・例文

  • 昔の頑固おやじ、昭和の親父なんかは、癇癪起こしたのかと思うような怒り方をする人が多かった気がする。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ