「訝しむ」とは?意味や使い方を解説します!

「訝しむ」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「訝しむ」について解説します。

目次

  1. 訝しむ
  2. 訝しむ(いぶかしむ)の意味とは
  3. 訝しむの使い方・例文

訝しむ

訝しむ」という言葉について解説します。

「急な出張を訝しむ」「彼は訝しげに見ている」といった感じで使われるこの言葉。

みなさんは見聞きしたことがあるでしょうか。日常会話の中で頻出するような言葉ではないかもしれないので、初耳だという方もいらっしゃるかもしれません。

また、見聞きしたことがあるという方でも、意味をきちんとは把握していないという方も少なくないのではないでしょうか。

ここではそんな「訝しむ」という言葉について、意味や使い方・読み方を詳しく紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

訝しむ(いぶかしむ)の意味とは

>

訝しむ(読み方・いぶかしむ)とは「不審に思う・疑わしく思う」という意味の言葉となっています。

ということで「急な出張を訝しむ」と言った場合は「急な出張を不審に思う」という意味になることが分かると思います。

この訝しむという言葉は、訝る、訝しい、訝しげ、訝しんだといったように様々な形で使われます。

それぞれの意味は

  • 訝る=「様子、事情、結果がどうも変だと思う」
  • 訝しい=「不審に思われる」
  • 訝しげ=「不審がる様子、疑わしそう」
  • 訝しんだ=「不審に思った」
となります。

それぞれで不審さの度合いや感じ方の強さが若干違うのが分かるのではないでしょうか。

日常会話の中では、不審に思う、疑わしいといった言葉を使う方が多いと思いますが、訝しむを覚えてシーン別に使い分けられるようにしておくといいかもしれません。

訝しむの使い方・例文

  • 旦那の最近の行動を訝しむ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ