「踵を返す」とは?意味や使い方を解説します!

「踵を返す」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「踵を返す」について解説します。

目次

  1. 踵を返す
  2. 踵を返す(きびすを返す・きびすをかえす)の意味とは
  3. 踵を返すの使い方・例文

踵を返す

踵を返す」という言葉について解説します。

まず、みなさんはこの言葉の読み方はご存知でしょうか。

語感が良い言葉なので、リズムで覚えている方もいるかもしれませんが、読み方は「きびすをかえす」です。

踵=かかと という読み方が普通ですので、あえて「きびすを返す」と書かれることも多いようです。

ということで、そんな読み方をする「踵を返す」ですが、この言葉の意味はご存知でしょうか。

ここでは踵を返すという言葉の、意味や使い方を詳しく紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

踵を返す(きびすを返す・きびすをかえす)の意味とは

>

踵を返すとは「後戻りする・引き返す」という意味の言葉となっています。

文字通り、踵=足を、返す=逆に向けるということで、後戻りする。引き返す。という意味になっています。

きびす。という言葉については、色々と説があり、くるぶしから先を指す「くびひす」という言葉が訛ったものというものや、足首から下を指す「くびし」が訛ったという説があるようです。

現代では単にかかとという言葉に集約されているので、なかなか「きびす」という言葉に馴染みはないですが、覚えておいてみてください。

注意点として、同じ「返す」という言葉が入っている「手のひらを返す(態度を変える)」とは意味が全然違いますので、混同しないように注意しましょう。

踵を返すの使い方・例文

  • 定期券を忘れたことに気づき、踵を返して大急ぎで家に戻る。
  • 道を間違えたことに気付いたが、踵を返すのにも抵抗があるためとりあえず進んでみる。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ