「祖業」の意味とは?意味や使い方を解説!

「祖業」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「祖業」について解説します。

目次

  1. 祖業
  2. 祖業の意味とは
  3. 祖業を使った文章・例

祖業

皆さんは「租業」という言葉をご存知でしょうか。

あまり認知度の高くない言葉で、読み方や意味などを知らないという方も少なくないかもしれません。
おそらく「業」という漢字がつくことから仕事や会社などに関係する言葉なのでは、という認識ではないでしょうか。

今回は「租業」という言葉について詳しく解説します。

祖業の意味とは

祖業とは「祖先が設立し、受け継いできた事業」という意味です。
読み方は「そぎょう」です。

本来は「祖先が設立した事業」というだけの意味だったのですが、だんだんと「現在までずっと受け継いでいる業務」を表すようになってきました。

その事業を設立した創業者から現在に至るまでずっと同じ一族の者が経営してきた、いわゆる「一族経営」と混同しがちですが、そうではありません。
正しくは「長年続いてきた会社などが、創業時に行っていた業務」を指す言葉です。
たとえば、現在はテレビゲームの開発をしている世界的企業である任天堂の「租業」は花札メーカーでした。また、これも世界的企業であるトヨタ自動車は、自動織機を発明した豊田自動織機が前身であり「租業」です。

「租業」と現在の業務は違っていても、そこに至るまでの流れは地続きです。
長年経営を続けている企業が共通しているのは、時を経た現在になっても「租業」が持つ魂を忘れず受け継いでいるということなのです。

>

祖業を使った文章・例

  1. 地元の老舗の和菓子屋は、租業をずっと守り続けている。
  2. 歴史の長い企業の中には、現在は租業とかけ離れた事業をしているところも少なくない。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ