「賛美」の意味とは?意味や使い方を解説!

「賛美」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「賛美」について解説します。

目次

  1. 賛美
  2. 賛美の意味とは
  3. 賛美を使った文章・例

賛美

皆さんは「賛美」という言葉をご存知でしょうか。

ざっくりと「褒めること」であるという認識の方が多いでしょう。連想して「賛美歌」を思い浮かべる方もいると思われます。
実は、キリスト教に関係の深い言葉なのです。

今回は「賛美」という言葉について詳しく解説します。

賛美の意味とは

賛美とは「褒め称えること」という意味です。
読み方は「さんび」です。

特にキリスト教では聖書に頻繁に登場する言葉であり、宗教音楽のジャンルに「賛美歌」というものがあるほど、密接な関係を持つ言葉です。
「賛美歌」とは、主にプロテスタントの教会で礼拝や集会の際に歌われる神を崇める歌であり、「讃美歌」とも書きます。
キリスト教における神には「尊い」という形容詞がつくことが多く、「尊い神を賛美する歌」が「賛美歌」ということです。

このように、対象に対して神を崇めるかのように褒め称える様子を表したのが「賛美」です。
海や大地といった雄大な大自然や、素晴らしい芸術作品など、まるで神が宿ったかのような人知を超えた物の偉大さ、神秘性を褒める言葉としてよく使われます。

似た意味の言葉として「称賛(しょうさん)」「礼賛(らいさん)」「称揚(しょうよう)」などがあります。
この中で「礼賛」は仏教用語であり、「賛美」と対をなす言葉と言えるのではないでしょうか。

>

賛美を使った文章・例

  1. 彼の演奏を聴いた人たちは、皆一様に賛美の言葉を口にした。
  2. 教会が開催しているクリスマスコンサートで、賛美歌を歌うことになった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ