「キャプション」とは?意味や使い方を解説!

「キャプション」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「キャプション」について解説します。

目次

  1. キャプション
  2. キャプションの意味とは
  3. キャプションを使った文章・例文

キャプション

キャプション」という言葉を一度は聞いたことがあるかと思います。

聞いたことはあるけど意味を知らないという人も多いのではないでしょうか。

難しい言葉ではありますが、覚えておくととても便利な言葉です。
まだ意味を知らないという人はこの記事で覚えてしまいましょう。

今回は「キャプション」について解説していきます。

キャプションの意味とは

「キャプション(caption)」とは「画像や写真につける説明文。雑誌や新聞などの見出し。映画や吹き替えの字幕」を指します。
 

  • 新聞記事の内容を簡略したキャプション=見出し
  • 映画などでの発言を文字化したキャプション=字幕
  • 挿絵や画像、写真などの説明を書いたキャプション=説明文

基本的にはこの3つが「キャプション」の意味です。
それぞれ、微妙に使い方や意味が違うため全て覚えておきましょう。

「caption」は元々はラテン語であり、「捕らえる」という意味で使用されていました。

「caption」=「捕らえる」と理解できると、上の3つが全てキャプションで表せることも合わせて理解できるはずです。
 
  • 見出し=内容を捕らえる
  • 字幕=目で捕らえる
  • 説明文=文字で捕らえる

キャプションを使った文章・例文

「キャプション」を使用した例文を紹介します。

  1. この画像のキャプションは分かりにくいから、修正しておきます。
  2. 口論などのシーンはセリフが多いし、早いためキャプションが追い付かない。
  3. 今日の新聞の記事はほとんどがキャプションで内容を把握できてしまうものばかりだ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ