「ハザードマップ」の意味とは?意味や使い方を解説!

「ハザードマップ」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ハザードマップ」について解説します。

目次

  1. ハザードマップ
  2. ハザードマップの意味とは
  3. ハザードマップを使った文章・例

ハザードマップ

皆さんは「ハザードマップ」という言葉をご存知でしょうか。

英語で「hazard map」、災害時に役立つ地図です。
うまく活用することで、避難時の行動をスムーズに行うことができます。

今回は「ハザードマップ」という言葉について詳しく解説します。

ハザードマップの意味とは

>

ハザードマップとは「その地域で災害が起こった際に、どの地域にどの程度の被害が及ぶか、また避難場所はどこかといったことをまとめた地図」という意味です。
英語では「hazard map」と綴ります。

日本には、地域によって様々な災害の可能性があります。
地震及びそれに伴って沿岸部に発生しうる津波、大雨による洪水や土砂崩れなどが挙げられます。
こういった災害が起こった場合にもたらされると予測される被害の大きさを色分けで表示した地図が「ハザードマップ」です。
地域の特性によって起こりうる災害が異なるので「ハザードマップ」にも種類があり、大きく分けて8種類が存在します。

また「ハザードマップ」上には学校や公民館などの避難場所も記載されているので、これを見ながら最寄りの避難場所や経路を家族とともに確認し合うことができます。
この確認作業を普段から行っておくことで、災害が起きた際にスムーズな非難及び家族間の連絡や集合が可能になるのです。

ハザードマップを使った文章・例

  1. ハザードマップ上で我が家の位置を確認してみると、災害が起こった時の被害が大きい区域の中にあることが起こった。
  2. 普段からハザードマップを確認していたので、スムーズに避難することができた。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ