「オリエンテーション」の意味とは?意味や使い方を解説!

「オリエンテーション」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「オリエンテーション」について解説します。

目次

  1. オリエンテーション
  2. オリエンテーションの意味とは
  3. オリエンテーションを使った文章・例

オリエンテーション

オリエンテーション」という言葉について解説します。

「就職先での1日目は、新たな環境へ順応するためなのか、オリエンテーションがあると聞いている。」などと使用するこの言葉。

皆さんは見聞きした事があるでしょうか?

学校や会社などでも頻繁に使用されている様に思いますが、皆さんはどうですか?

むしろ、オリエンテーションに参加した事がある!オリエンテーションの進行役を務めた事がる!なんて方もいらっしゃるかもしれません。

聞いた事がある!と言う方も、知らない!なんて方も、ここで一度整理してみましょう。

ということで、ここではそんなオリエンテーションという言葉について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

オリエンテーションの意味とは

>

オリエンテーションとは「説明・教育、方向づけという意味があり、新たな環境などに人を順応させるための教育指導を指す。新人に新たなルールや組織の仕組みなどを説明する事。」という意味の言葉となっています。

皆さん、このような意味合いだとご存知でしたか?

なんとなく売る覚えだった方もいるかもしれませんが、要する新たに入ってくる新人に対して、流れややり方、ルールを教える、リアルチュートリアルの様なものです。

会社や学校によって、このオリエンテーションの内容は変わるようです。

不安な気持ちで入社した方や、入学した方に、少しでも快適に仕事や学業に専念してもらうために、色々な試行錯誤が練りこまれたりしています。

今は、オリエンテーションを受ける立場でも、何年後かは自分が誰かにオリエンテーションを行う側になっているかもしれませんので、この言葉、覚えていた方が良いかも?!

オリエンテーションを使った文章・例

・不安な気持ちが大きかったが、オリエンテーションに参加して、頑張ろう!と言う意力が湧いてきた。
・オリエンテーションに参加する人たちの顔を見て、こちらまで不安になってきた。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ