「インスパイア」の意味とは?意味や使い方を解説!

「インスパイア」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「インスパイア」について解説します。

目次

  1. インスパイア
  2. インスパイアの意味とは
  3. インスパイアを使った文章・例

インスパイア

インスパイア(英:inspire)」という言葉について解説します。

皆さんは、この言葉見聞きした事はあるでしょうか。

「私はこの映画にインスパイアされて、作品を作り上げた。」「インスパイアされていることは感じている。」といった使い方をするこの言葉。

何かを作成する際に使用されることが多いイメージのこの言葉。

知ってる人も、知らない人も、ここで一度整理してみましょう。

ということで、ここではそんなインスパイアという言葉について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

インスパイアの意味とは

インスパイア(英:inspire)とは「感化、啓発、ひらめき、鼓舞、吹き込む、刺激を与える事。インスピレーションの動詞形。」という意味の言葉となっています。

英語での表現方法と、日本語での表現方法は殊勝異なっているようです。

吹き込むっていう意味合いもかなり独特な感じはしますよね。

日本語での表現は、文法的な兼ね合いや、謙遜しながら話す文化なので、「受け身の過去形」で使用されることが多いようです。

例えば英語での表現だと「自分をインスパイアして、会社を建てた。」と言う様な表現になりますが、日本語だと「彼らにインスパイアされて、作品は完成した。」といった表現になるようです。

自信を持つことも大切な事は確かです。けれど日本人特有の「謙遜の心」も大切なのだと思います。

なんでも、程よいのが一番ですね。

>

インスパイアを使った文章・例

  • インスパイアしてくれたこのケーキは、自分で言うのもなんだが、やはり絶品だ。
  • このヒット作品ができたのは、ジョン・レノンにインスパイアされたって本当かな?

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ