「清廉」の意味とは?意味や使い方を解説!

「清廉」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「清廉」について解説します。

目次

  1. 清廉
  2. 清廉の意味とは
  3. 清廉を使った文章・例

清廉

皆さんは「清廉」という言葉をご存知でしょうか。

日常生活ではあまり見ない言葉だと思われますが、漢字の意味からなんとなくイメージをすることが可能なのではないでしょうか?

今回は「清廉」という言葉について詳しく解説します。

清廉の意味とは

清廉とは「心が清らかで行いが潔く、私利私欲が無いこと。」という意味です。
読み方は「せいれん」です。

「廉」という漢字は、音読みが「れん」、訓読みは「いさぎよ・い」「やす・い」「かど」です。
意味は「いさぎよい。きよい。」「値段が安い。」「かど。すみ。」「調べる。見比べる。」です。
「清廉」における「廉」は、一つ目の意味で使われています。よく似た意味の二つの漢字を組み合わせた熟語となっています。

他の用例としては、一つ目の意味では「私欲が無くて行動が潔いこと」という意味の「廉潔(れんけつ)」や「心が清らかで恥を知る心が強いこと」という意味の「廉恥(れんち)」、二つ目の意味のものは「値段が安いこと」という意味の「廉価(れんか)」や「通常より安く売ること」という意味の「廉売(れんばい)」があります。
三つ目・四つ目の意味で見かけることは少ないですが、「廉偶」や「廉門」といった熟語があります。

「清廉」が使われた四字熟語に「清廉潔白」があります。
読み方は「せいれんけっぱく」で、意味は「心が清くて私欲が無く、後ろめたいことが一切ないこと」です。

>

清廉を使った文章・例

  1. この女優さんは、清廉なイメージで人気を集めている。
  2. 清廉な生き方を貫く人はとても素敵だと思う。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ