「栄冠」とは?意味や使い方を解説します!

「栄冠」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「栄冠」について解説します。

目次

  1. 栄冠
  2. 栄冠の意味とは
  3. 栄冠の使い方・例文

栄冠

皆さんは「栄冠」という言葉をご存知でしょうか。

「えいかん」という読み方や意味など、知っているという方は多いかもしれません。
甲子園やオリンピックなど、スポーツの祭典が開かれる時期によく聞かれる言葉ですね。

今回は「栄冠」という言葉について詳しく解説します。

栄冠の意味とは

>

栄冠とは「勝利のしるしとして与えられる名誉の冠」「栄誉。名誉。輝かしい勝利。」という意味です。
読み方は「えいかん」です。

「栄えある冠」ということで、漢字の意味そのままの熟語と言えます。

類語として挙げられる言葉は「栄光」「名誉」「栄誉」などです。

コナミの野球ゲーム「実況パワフルプロ野球」略して「パワプロ」シリーズには「栄冠ナイン」というゲームモードが存在します。
「パワプロ」シリーズの売りは、プロ野球選手を育成してチームを作り強敵との試合を勝ち抜く「サクセスモード」です。
「栄冠ナイン」はその派生で、高校野球の選手を育てて甲子園に優勝し全国制覇を目指すゲームモードです。
つまり「栄冠ナイン」の「栄冠」とは甲子園優勝のことを指します。
プレイヤーは高校野球部の監督となり、入部してきた選手たちを鍛えて全国制覇という「栄冠」を目指します。優秀な選手はドラフト指名が来てプロ入りしたりなど、卒業した選手がそれぞれの進路へ進む様子も見られ、人生ゲームのような側面もあります。

栄冠の使い方・例文

  1. 応援しているチームが激闘を潜り抜け、みごと全国優勝の栄冠に輝いた。
  2. 私たちは10年連続出場していた大会で初の栄冠を手にした。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ