「自主休講」の意味とは?意味や使い方を解説!

「自主休講」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「自主休講」について解説します。

目次

  1. 自主休講
  2. 自主休講の意味とは
  3. 自主休講を使った文章・例

自主休講

自主休講』という言葉について解説します。

皆さんこの言葉、見聞きしたことはありますでしょうか。
大学の話?欠席の話?なんてイメージがある方もいるかもしれません。
皆さんはどのようなイマージが浮かびましたか?

言葉自体聞いた事がない人も、聞いた事がある方も、ここで一度整理してみましょう。

ということで、ここではそんな自主休講という言葉について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。
 

自主休講の意味とは

自主休講とは『主に大学生の間で用いられる言葉で、講義を自分の都合で欠席する、授業をさぼる事。』という意味の言葉となっています。

どうでしょうか?皆さんは見聞きしたり、使用した事はありますか?

この言葉の意味で、普通のお休みと違うのは、病気や怪我など休む理由として仕方がないものではない所です。

あくまで、寝坊してしまった!カラオケに行きたい!など、自分の個人的な理由で大学を欠席する事に使用されるということとなります。

見る人によっては、言い方をかえると『ズル休み』という言い方になるかもしれませんね。

強い意志を持って学業に勤しむ方もいるかもしれません。けれど、なにか大きな壁にぶつかったり、疲れてしまって、通常の休みまで持たなそうな時は、たまには自主休講を使用するのは、いいのかな?とは思いました。

>

自主休講を使った文章・例

・勉強の漬けの毎日で、心が追い付かなくなってしまい自主休講をしてしまった。
・自主休講をして単位が足りなくならないか、心配になってしまった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ