「悪態」とは?意味や使い方を解説します!

「悪態」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「悪態」について解説します。

目次

  1. 悪態
  2. 悪態(あくたい)の意味とは
  3. 悪態の使い方・例文

悪態

悪態」という言葉について解説します。

「悪態をつく」といった使い方をするこの言葉。

みなさんも一度は見聞きしたことがあるのではないでしょうか。

漢字からも意味の想像はつきそうですが、ここで今一度把握し直してみてはいかがでしょうか。

ということで、ここではそんな「悪態」という言葉について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

悪態(あくたい)の意味とは

悪態(読み方・あくたい)とは「わるくち。にくまれぐち」という意味の言葉となっています。

ということから、「悪態をつく」といった場合の意味は「口汚くののしったり、けなしたりする。憎まれ口をたたく」という意味になります。

ちなみに、「悪態をつく」の「つく」ですが、漢字では「吐く」と書きます。この漢字からもどんな様子なのか想像ができるのではないでしょうか。

高潔な紳士淑女のみなさんは、悪態をつくことはないと思いますが、テレビ番組などの報道で、いい年をした大人が悪態をついているのを見ることがあります。

大人の悪態ほど見ていられないものはないので、そんな方が周囲にいたらそっと諭してあげてください。

>

悪態の使い方・例文

  • 部長は、反対意見を言われると、すぐにムキになって悪態をつくような反論をし始めるため、嫌われている。
  • さっきまで周りの人が引くほど悪態をついていたのに、欲しいものが手に入った途端に上機嫌になった。
  • 意地悪ばあさんは、悪態をつきながら子供たちに床掃除をさせていた。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ