「ピンチケ」の意味とは?意味や使い方を解説!

「ピンチケ」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ピンチケ」について解説します。

目次

  1. ピンチケ
  2. ピンチケの意味とは
  3. ピンチケを使った文章・例

ピンチケ

皆さんは「ピンチケ」という言葉をご存知でしょうか。

「ピンクのチケット」の略であり、ある特定の種類のアイドルファンを指す言葉です。
良い意味の言葉ではないので、使いどころには気をつけましょう。

今回は「ピンチケ」という言葉について詳しく解説します。

ピンチケの意味とは

>

ピンチケとは「ピンクチケットの略。アイドルファンの中で、迷惑行為やマナー違反をするファンのこと」という意味です。

そもそも「ピンクチケット」とは、AKB48の劇場公演で中高生向けに販売されていた割引チケットのことです。
この「ピンクチケット」で入場していた学生たちの中にマナー違反や迷惑行為を繰り返す者たちが多くいたため、いつしか迷惑なファンのことを「ピンクチケット」略して「ピンチケ」と呼ぶようになったようです。

具体的な迷惑行為としては、コンサートの最中に場違いな叫び声を上げたり、握手会で暴言を吐いたりといったことです。

なぜ「ピンクチケット」の対象者に迷惑ファンが多いのかについては、チケットが安いと参加の敷居が低くなるので軽い気持ちで訪れるファンが増え、アイドルや他のファンに迷惑をかけるような行動に走ってしまうファンの割合も増えてしまうようです。
またチケットの対象者が学生ということもあり、マナーやルールについて知らない、考えない人が多いという理由もあります。

ピンチケを使った文章・例

  1. コンサートでしっとりした曲がかかったのに、ピンチケが推しの名前を叫んで台無しになった。
  2. 以前迷惑を被ったピンチケとまた同じイベントで会ってしまった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ