「陳腐化」の意味とは?意味や使い方を解説!

「陳腐化」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「陳腐化」について解説します。

目次

  1. 陳腐化
  2. 陳腐化の意味とは
  3. 陳腐化を使った文章・例文

陳腐化

陳腐化(読み方:ちんぷか)』という言葉について解説します。

皆さんは、この言葉を見聞きしたことはあるでしょうか?
聞いた事あるような無い様な・・・なんて方だったり、価値がないこと?最先端ではないこと?なんてイメージの方もいるかもしれません。
某有名なビジネス系のTV番組などでは、見聞きしたことがある方もいるかもしれません。

見聞きしたことがある人も、そうじゃない人も、ここで一度整理してみましょう。

ということで、ここではそんな陳腐化という言葉について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

陳腐化の意味とは

陳腐化(読み方:ちんぷか)とは『商品の技術や、最先端の目新しさが無くなり、時代遅れの印象が着いてしまったり、価値が減ることをさす。』という意味の言葉となっています。

どうでしょう?見聞きしたことはありますか?
商品を売ったり、新たな発想を用いたものを作り出すのは、本当に難しいことですよね?
ただ、消費者側は目新しい物や、最先端のものに手をつけがちです。
時代の流れにのれずに、価値が下がってしまったり、なんだか時代遅れな商品などは
この『陳腐化』してしまった商品といえるでしょう。なんだ悲しいですね。

陳腐化してしまった商品は、改良を重ね生まれ変わり、皆さんの生活の中に役立っていくこともあります。
ただ1度ついてしまった印象を変えることは非常に難しいですよね?
そう考えると、陳腐化してしまった物にも、誰かの素晴らしい発想があったんだと思えて愛着が生まれるかもしれませんね。

>

陳腐化を使った文章・例文

・10年前にみんなで開発したブラシも、今では陳腐化してしまった。
・陳腐化してしまったこのブラシも、私にとっては愛着のある大切な物なのだ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ