「独居」とは?意味や使い方を解説します!

「独居」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「独居」について解説します。

目次

  1. 独居
  2. 独居の意味とは
  3. 独居の使い方・例文

独居

皆さんは「独居」という言葉をご存知でしょうか。

「どっきょ」という読み方や意味など、なんとなくは知っているという方が多いのではないでしょうか。
同時に、この言葉にあまりいいイメージは持っていないという方も少なくないと思われます。

今回は「独居」という言葉について詳しく解説します。

独居の意味とは

独居とは「ただ一人で暮らすこと。一人暮らし。」という意味です。
読み方は「どっきょ」です。

ただ単に「一人暮らし」と言うよりは、「一緒に暮らす人がいないので仕方なく一人で暮らしている」というニュアンスが含まれていることが多いです。
また家族だけでなく地域や社会とのつながりも薄い人であるというケースが多く、定職に就いているかどうかも定かでない、近所づきあいや地域の行事にも顔を出さない人がそう呼ばれがちです。
総じて「一人寂しく生活している孤立した人」というイメージの言葉が「独居」です。

「ひとり」という言葉には「一人」と「独り」という二通りの漢字表記があります。
単純に人数を数える言葉である「一人」に対して、「単独」「孤独」という意味が大きいのが「独り」です。
「独」という漢字が持つ意味がそれを強調していると言えます。

一人で暮らしている高齢者のことを「独居老人」といいますが、まさにこのような「孤独に暮らす寂しさ」を内包した言葉と言えるでしょう。

>

独居の使い方・例文

  1. 近所に住んでいる独居老人と道端ですれ違った。
  2. 彼は配偶者を亡くして以来ずっと独居している。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ