「謀略」の意味とは?意味や使い方を解説!

「謀略」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「謀略」について解説します。

目次

  1. 謀略
  2. 謀略の意味とは
  3. 謀略を使った文章・例文

謀略

皆さんは「謀略」という言葉をご存知でしょうか。

「ぼうりゃく」という読み方、意味や使い方など、なんとなく知っている方が多いのではないかと思われます。

今回は「謀略」という言葉について詳しく解説します。

謀略の意味とは

謀略とは「人を陥れるようなはかりごと。人を欺くような計画。」という意味です。
読み方は「ぼうりゃく」です。

「謀略」を考えることを「謀略をめぐらす」、人の考えた「謀略」に加わることを「謀略に乗る」といいます。

「謀」という漢字は音読みが「ぼう」、訓読みは「はか・る」です。意味は「はかりごと。計画する。考えを巡らせる。」で、場合によってはこの一文字だけで「悪だくみ」という意味になることもあります。

他方「略」という漢字は、音読みが「りゃく」で訓読みは「はか・る」「はぶ・く」などです。
意味は「はかりごと。たくらみ。」「はぶく。簡単にする。」などです。「略式」「省略」など後者の意味の用例の方が先に思い浮かぶ方が多いと思われますが、第一の意味は前者であるようです。

以上のことから、「謀略」という言葉は似た意味を持つ二つの漢字を重ねて意味を強めた熟語であることが分かります。

同じような意味の言葉に「陰謀」「謀議」などがあります。
「陰謀」は「いんぼう」と読み、意味は「人に知られずに練る計画」です。
「謀議」の読み方は「ぼうぎ」で、「はかりごとの相談をすること」という意味です。

>

謀略を使った文章・例文

  1. 横暴な上司を陥れるため、同僚たちの謀略に乗ることにした。
  2. 派閥争いが激化する裏では、静かな謀略が水面下で進行していた。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ