「天望」の意味とは?意味や使い方を解説!

「天望」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「天望」について解説します。

目次

  1. 天望
  2. 天望の意味とは
  3. 天望を使った文章・例文

天望

天望(読み方:てんぼう)』という言葉について解説します。

皆さん、この言葉を見聞きした事はあるでしょうか。

比較的に使用されている様に感じるこの言葉ですが【空を見ること?】【遠くまで見渡すこと?】なんてイメージの方も多いかもしれません。

実際の意味はどのようなものなのでしょうか。

見聞きした事が無いよ!って人も、知ってるよ~!って人も、ここで一度整理してみましょう。

ということで、ここではそんな天望という言葉について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

天望の意味とは

天望(読み方:てんぼう)とは『天を眺める(空を見る)、遠くまで見渡すこと、またその見渡した眺め。』という意味の言葉となっています。

どうでしょうか。皆さん見聞きした事はありましたか。

【天望フロア】や【天望シャトル】なんて見出しや、ナレーションを見聞きした事がある方もいるかもしれません。

見聞きした事があっても、自分で頻繁に使用する事はあまりないかもしれませんね。

たまに生きていて『言葉ってたいないな~もっと伝えたいのに・・・』だとか『もっと表現したいのに・・・』なんて時がありますが、空を見るという行為にこの『天望』という言葉があるのですから、皆さんの気になる言葉にも、他の素敵な言葉が沢山あるかもしれませんね。

>

天望を使った文章・例文

・天望デッキで食事をとることにした。
・往復8時間と聞いて、少し億劫な気がしていたが、この天望なら文句なしだと感動した。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ