「壮行会」の意味とは?意味や使い方を解説!

「壮行会」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「壮行会」について解説します。

目次

  1. 壮行会
  2. 壮行会の意味とは
  3. 壮行会を使った文章・例文

壮行会

壮行会(読み方:そうこうかい)』という言葉について解説します。

なんだか見聞きした事があるような・・・なんて方も多いかもしれません。

どうでしょうか、皆さんは見聞きした事があるでしょうか。

【スポーツの会合?】【なにかの催し?】なんてイメージの方もいるかもしれませんが、実際のところはどうなのでしょうか。

見聞きした事があるよ~って人も、よくわからない!なんて人も、ここで一度整理してみましょう。

ということで、ここではそんな壮行会という言葉について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

壮行会の意味とは

壮行会(読み方:そうこうかい)

  1. 先の事柄(会社などの海外赴任や他県への赴任など)を祝した会合や催し。
  2. 所属企業や出身地域が世界大会やオリンピックなどにアスリートを送り出す際の会合や催し。

とにかく、送別会などと違って【がんばれー!】【お気をつけてー!】と応援する意味合いもあるようで、かなり前向きで素敵な会なのは分かりましたね。

さようなら~お達者で~ってなことではなく、あくまで応援や帰りを待つ家族の様な気持ちで行われるのが壮行会のようです。

できることなら、送別会ではなく壮行会を開いたり開かれたりしたいものです。場合にもよりますが(笑)

>

壮行会を使った文章・例文

・アメリカで行われる大会に参加する前に、盛大な壮行会を開いていただきました。
・壮行会でみんなの顔を見て、期待に応えられるのか不安になってしまった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ