「伏目」の意味とは?意味や使い方を解説!

「伏目」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「伏目」について解説します。

目次

  1. 伏目
  2. 伏目の意味とは
  3. 伏目を使った文章・例文

伏目

伏目(読み方:ふしめ)』という言葉について解説します。

どうでしょうか、皆さんは見聞きした事はあるでしょうか。

【下を向いている目線?】【姿勢がうなだれている事?】なんてイメージの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

中には【節目】ならなんとなく分かるかも・・・なんて人もいるかもしれませんが、本当の意味はどのような物なのでしょうか。

見聞きした事がある!!!なんて人も、見聞きした事がない!!!なんて人も、ここで一度整理してみましょう。

ということで、ここではそんな伏目という言葉について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

伏目の意味とは

伏目(読み方:ふしめ)とは『目線を下に向けていること。また、うつむいている事やその姿勢を指す。』という意味の言葉となっています。

堂々と上目遣いをするのとは反対に、照れたり、恥ずかしくなった時には伏目になるという事です。

おおお!なんだか、どちらが好みか大会が始まりそうな内容ですね(笑)

照れていなくても、視線を下に向けたり、うつむいた様態であれば【伏目】には当てはまるので、一概に照れている愛らしい何かを指すわけではなさそうですね。

何かで耳に入ると言う事よりも、意味が分かってしまえば使用する頻度が高くなりそうなこの言葉。

機会があればぜひ、皆さんも使用してみてはいかがでしょうか。

>

伏目を使った文章・例文

・何か決まづい事を聞いたかのように、彼は伏目になっていた。
・いつもの元気な彼女ではなく、伏目で話し始めた。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ