「温故知新」とは?意味や使い方を解説!

「温故知新」ということわざを一度は耳にしたことがあると思いますが、その意味を知っているでしょうか。覚えておくととても便利な言葉です。今回は「温故知新」の意味・使い方・例文などを紹介します。また、由来や類語、英語についても紹介します。

目次

  1. 温故知新
  2. 温故知新の意味とは
  3. 温故知新の類語
  4. 温故知新を使った文章・例文

温故知新

温故知新(おんこちしん)」という言葉の意味について解説します。

皆様はこの温故知新という言葉の意味をご存知でしょうか。
この機会に意味を理解してみましょう。

温故知新の意味とは

温故知新の意味は、「前に学んだことや昔の事柄をもう一度調べたり考えたりして、新たな道理や知識を見い出し自分のものとすること。」「故きを温ねて新しきを知る(ふるきをたずねてあたらしきをしる)」となります。
読み方は「おんこちしん」です。

<由来>
孔子が先生にふさわしい者の資格として述べた言葉で、「論語」の中の「為政(いせい)」の一節にある「故きを温ねて新しきを知らねば、以て師と為るべし」から来ています。

※よく「古きを知り新しきを知る」というように間違えて覚えている人もいるので、注意しましょう。

>

温故知新の類語

<類語>
「覧古考新」「彰往察来」「承前啓後」「継往開来」
「故きを温ねて新しきを知る」「故きを温めて新しきを知る」
「来を知らんと欲する者は往を察す」

<英語>
「 visiting old, learn new 」「He that would know what shall be must consider what has been.」

温故知新を使った文章・例文

<例文>

  • 温故知新を心掛け、成功へ導く。
  • 温故知新の考え方があったからこそ、日本の経済は発展したのだ。
  • どんな科目でも、基礎を学ばないと新しい発見をすることはできない。温故知新が重要である。
  • この話は温故知新をテーマにして作成されたものである。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ