「eスポーツ(エレクトロニック・スポーツ)」とは?意味や定義を解説!

eスポーツ(エレクトロニック・スポーツ)という言葉をご存知でしょうか?最近急速に流行りつつあるeスポーツの意味についてしっかりと理解しておきましょう。

目次

  1. eスポーツ
  2. eスポーツの意味とは
  3. eスポーツを使った文章・例文

eスポーツ

eスポーツ」という言葉を一度は聞いたことがあるかと思います。

エレクトロニック・スポーツ」の略ですが、これだけではどのようなスポーツなのか分かりません。

実は、「eスポーツ」は近年爆発的に流行っている、新しいスポーツジャンルです。
これからは、今まで以上に競技人口も認知度も深まるため、覚えておく必要があります。

まだ意味を知らないという人はこの記事で覚えてしまいましょう。

今回は「eスポーツ」について解説していきます。

eスポーツの意味とは

「eスポーツ(エレクトロニック・スポーツ)」とは「複数人で対戦するコンピューターゲームをスポーツや競技として捉えたときの名称」です。

今までは、ただの「ゲームの大会」としての捉え方が一般的でしたが、実際は反射神経や集中力、テクニックなどの様々な技術が必要であり、最近では「スポーツ」として捉えられることが増えてきました。

「eスポーツ」の人口は、既存の大半のスポーツの人口を大きく上回る5500万人と言われています。
また、世界規模での大会が開かれるゲームタイトルも多く、「eスポーツ」の大会で賞金を稼ぎ生活源とする人を「プロゲーマ―」と呼びます。

中では年間1億を稼ぐプロゲーマ―も存在します。

「eスポーツ」として大会が多く開かれる種目は、FPSやMOBA、TPS、格闘ゲームなどです。
そのほかにもレーシング、トレーディングカードなどなど、様々なゲーム種類によって世界規模の大会が開かれています。

日本ではまだまだ認知度は低く、プレイヤーレベルも他の国に比べ劣っている現状です。

eスポーツを使った文章・例文

「eスポーツ」を使った例文を紹介します。

  1. LOLは最大規模のeスポーツだ。
  2. eスポーツが世界的に流行りつつある。
  3. このfpsは世界大会も開かれるeスポーツタイトルだ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ