「板書」とは?意味や読み方を解説!

「板書」という言葉の意味について解説します。何となくの理解で使うと意味や読み方が違っていたと言える語彙の一つであって、正確に理解しておきたい言葉です。では、この板書の読み方は何でしょうか?板書とは何なのか?読み方もあわせて解説します。

目次

  1. 板書
  2. 板書の意味とは
  3. 板書を使った文章・例文

板書

「要点を板書し始める」「先生が板書した点を覚えておけばよい」このような表現をお聞きになったことがおありかもしれません。

学校関係でよく聞く表現です。

ではその意味とは?読み方もあわせて知っておきたい漢字です。

板書の意味とは

「板書」の意味は、小学校などで先生が「黒板に字を書く出すこと」を板書と言います。

この表現を英語にするとホワイトボードとは異なることが分かります。

英語では「Black Board」と言いますから上記の説明が理解できます。

読み方は「ばんしょ」といって「いたしょ」や「いたがき」ではありません。

板書された情報をノートに写す教育は世界中どこでも一緒で、日本では板書という読み方をします。

大切な板書

このように板書の意味を理解できると、正しくこの表現を使用することができます。

しかし、板書という表現をより理解するために教育現場において板書の必要や効果についても知っておくことも大切です。

もともと、小学校から主にスタートする板書による教育指導ですが、近年では会社でのプレゼンテーション的な手法で大きなスクリーンを使った教育も見られるようになっています。

しかし、現場の様子はその時々で異なるため臨機応変に情報を言葉で提供できる効果が板書にあります。

また、黒板の字をノートに写すことで、そのノートを読み返すこともできるので記憶の助けにもなっています。

このように黒板の字を板書する教育方法は大きな効果が見られます。

板書を使った文章・例文

  1. 板書された情報をノートに書き写す
  2. 教育方法は板書だけではない
  3. この先生はほとんど板書しない

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ