「ひとりぼっち」とは?意味や語源を解説!

「ひとりぼっち」という言葉の意味と語源について解説します。意味は理解できるが、どうしてひとりぼっちと呼ぶのか?さらに理解を深めて正しくことばを表現していきたいです。「ひとりぼっち」の意味と語源についてしっかりと理解しましょう。

目次

  1. ひとりぼっち
  2. ひとりぼっちの意味とは
  3. ひとりぼっちの由来
  4. ひとりぼっちを使った文章・例文

ひとりぼっち

「今日はひとりぼっちでした」「いつもひとりぼっちで仲間はずれ」「ひとりぼっちな状況」とよく使用される表現です。

何となくさらっと意味も深く考えずに使用している言葉ですが、どうしてひとりぼっちと呼ぶのか?と質問されると答えられないものです。

この表現の由来について調べてみるとさらに意味を理解できる表現です。

ひとりぼっちの意味とは

「ひとりぼっち」とは、「あてもなく、頼ることもできず孤独であるという意味合いがあります。

この意味合いだけを見ると寂しい気持ちになります。

英語で訳すなら、「Aloneness」「Loneliness」「Solitude」というまさに孤独という意味になります。

人生はひとりぼっちなんて表現としてありますが、Life Aloneと英語では訳されます。

このように、日本語のひとりぼっちは孤独な状態という意味の強い言葉です。

ひとりぼっちの由来

よく使われる表現でもあるひとりぼっちですが由来は何でしょうか?

かつての漢字表現で書くと「独り法師」となりその読み方として「ひとりほうし」と発音されますが、そこからひとりぼっちになったと言われています。

この「独り法師」の表現から分かる通り、どこにも属することのなかった一人の法師あるいは僧侶を意味していました。

寂しい状況だったことから今の意味の理解として日常でも使われています。

ひとりぼっちを使った文章・例文

では、ここでひとりぼっちの表現の例文を幾つか見てみましょう。

  1. 人生はひとりぼっちである
  2. ひとりぼっちから抜け出すには?
  3. わたしはひとりぼっちに耐えられない

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ