「絶対服従」とは?意味を解説!

「絶対服従」という言葉の意味や使い方について解説します。あわせて「絶対服従」の類語や英語では何というのか紹介します。

目次

  1. 絶対服従
  2. 絶対服従とは
  3. 絶対服従の使い方・例文

絶対服従

「絶対服従」という言葉を一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?
イメージではあまり平和的な言葉には聞こえませんね。
ここでは、「絶対服従」の意味や使い方、類語、英語での言い方を解説していきます。

絶対服従とは

「絶対服従」とは、「何があろうとも命令に従い、逆らうことは決して許されないさま」という意味があります。
服従には、命令を素直に聞き、従うことという意味があります。そしてそこに絶対という、決しての意味がある後が繋がったのです。その事により、ただの服従ではなくより一層強い服従になったのです。
「絶対服従」は、服従関係がないと成り立たない言葉です。服従させるものが相手より圧倒的に力が強いという関係がなければなりません。

>

絶対服従の類語

絶対服従という言葉は、「忍従」、「屈従」という言葉に近いです。
忍従は、耐えながら命令に従うという意味です。
屈従は、相手の力に逆らえず、仕方なく言いなりになるという意味があります。
2つとも逆らえずに従うという共通の意味を持っています。

絶対服従を英語で表すと

「絶対服従」を英語で表すと「absolute obedience」です。
absoluteには絶対的なという意味があり、obedienceには従順という意味があります。
その2つが組合わさり、「absolute obedience」が「絶対服従」の意味を表すのです。

絶対服従の使い方・例文

・彼は、彼女に絶対服従である。
・絶対服従な独裁政治は、あってはならない。
・ゴミ拾いは任意であり、絶対服従ではない。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ