相対取引とは?意味や使い方を解説

株式やFXなどでよく登場する「相対取引」という言葉の意味について解説します。漢字から何となく想像がつくけど意味はしっかりとは理解していない人が多いのではないでしょうか。しっかりと意味を理解しておきましょう。

目次

  1. 相対取引
  2. 相対取引の意味とは?
  3. 相対取引を使った文章・使い方

相対取引

相対取引や相対交渉という言葉は株式やFXの世界でよく聞かれる言葉です。

漢字から何となく意味が分かりそうだけど、しっかりとは理解していない人が多いのではないでしょうか?

また、英語で「Over The Counter」や「OTC」と表記されることも多くあります。

この記事で相対取引の意味をしっかりと理解しましょう。

相対取引の意味とは?

相対取引は一言で言うと、「(株式・為替など)市場を介さずに売買の当事者同士で行う方法のこと」となります。

取引の価格については当事者同士の取り決めで決定されます。FXでもFX業者と投資家(利用者)との間で相対取引として行われます。

また他にも銀行対利用者、銀行対銀行など1対1の取引についても相対取引となります。

似た言葉で市場取引が存在しますが、市場取引とは市場を介して不特定多数の人を相手に取引をすることを指します。

あくまで相対取引は1対1での場におけるときに使用する言葉です。

間違えないように注意しましょう。

相対取引を使った文章・使い方

  1. 売買の基本は相対取引
  2. 相対取引の場合
  3. 相対取引を行う

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ