「イノセンス」とは?意味や使い方を解説!

「イノセンス」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「イノセンス」について解説します。

目次

  1. イノセンス
  2. イノセンスの意味とは
  3. イノセンスを使った英語の文章・例文

イノセンス

「イノセンス」という、言葉の意味や例文について解説します。

英語での表記は、「innocence」となります。

イノセントと混同しやすく、正しい意味を知っている方は、少ないかもしれません。

2つのニュアンスの違いを理解せずに使うと、意味不明な発言や文章になってしまう恐れがあります。

正しい意味を理解していると、会話の中で出現したときに困りませんし、スマートに使うことができると、かっこいい言葉です。

この機会にイノセンスという言葉の意味や使い方を理解していきましょう。

イノセンスの意味とは

「イノセンス(innocence)」は、英語で「無実、無罪、天真爛漫、無邪気。」という意味になります。

また、イノセント(innocent)は、英語で「無実の、潔白な、無邪気な、純潔な。」という意味になるので、若干、ニュアンスが異なります。

innocenceは名詞で、 innocentは形容詞になります。

2つの意味を混同して使うと、意味不明な文章や発言になってしまうので気を付けましょう。

また、innocentは、アパレル用語として用いられることもあります。
「無邪気な、罪のない、お人よし。」という意味で使われ、純潔なイメージのファッションを指します。

イノセンスを使った英語の文章・例文

  1. childlike innocence(子供らしい素直さ。)
  2. fake innocence(何も知らないふり。)
  3. plead innocence(無実を主張する。)
  4. guilt or innocence(有罪か無罪か。)

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ