「アウトソーシング」とは?意味や使い方を解説!

「アウトソーシング」という言葉をご存知でしょうか。知っておくと思わぬ得をするかもしれないこの言葉。この記事ではそんな「アウトソーシング」について解説します。

目次

  1. アウトソーシング
  2. アウトソーシングの意味とは
  3. アウトソーシングを使った文章・例文

アウトソーシング

「アウトソーシング(outsourcing)」という言葉の意味について解説します。

ニュースなどで企業が「業務の一部をアウトソーシングする」という言葉を聞いたことがあると思います。アウトソーシング事業は、企業が抱える様々な問題を解決できるサービスとして広く認知されているので、この機会に是非とも理解しておきましょう。

アウトソーシングの意味とは

アウトソーシングとは、「外部委託」という意味になります。

英語の「outsourcing」のことで、本来は企業あるいは組織の中で行っていた業務を、外部の企業や組織にお願い(委託)するという意味です。
簡単なものでは資料整理やデータ入力など、難しいものなら営業や会計の業務全般を外部に委託しているケースもあります。

また委託される側にとっては「業務請負」という意味になります。
外部に注文するという意味で、「外注」という言い方をする業界もあります。

派遣との違い

よく「派遣」と混同されがちですが、派遣は企業に対して労働力を提供するサービスのことです。外部の労働力を借りるという点では似ていますが、アウトソーシングは派遣のように労働力を内部に供給することではなく、業務そのものを外部に委託することですので、大きな違いがあります。

アウトソーシングを使った文章・例文

〈例文〉

  1. 紹介されたアウトソーシングサービスの利用を検討している。
  2. アウトソーシングによって部署の負担が軽減された。
  3. 事業が行き詰ってきたので、アウトソーシングに頼らざるを得なくなった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ